株式会社日陸 採用担当者ブログ

見たい、聞きたい、知りたい情報を毎週発信中!

新入社員研修を終えて(WH)

こんにちは、新入社員のWHです。

入社後7カ月間の研修を終え、いよいよ11月から本配属となります。今の心境や研修で学んだことを皆さんにお知らせします。日陸の研修制度はとても充実していますので、これから企業を研究される際の参考にしていただければ幸いです。


① 今現在の心境
新しい環境に飛び込んで行くので、職場の雰囲気に馴染めるのか、仕事を覚えられるのか、先輩方に迷惑を掛けないかといった不安や緊張があります。しかし一方では、研修とは違いしっかりと仕事を任せてもらえると思うので、配属されるのが楽しみでもあります。研修先で先輩方が教えてくださったことを活かして、頑張りたいという気持ちが強いです。

 

② 研修で学んだこと
研修では、タンクコンテナのデポや輸送など、7カ月で5ヵ所の現場に行きました。どの研修先でも共通して以下の2つのことが言えると思いました。
一つ目は、確認の大切さです。現場では危険物を取り扱っているため、被液による薬傷の可能性やタンクコンテナの上での高所作業などがあります。事故なく安全に作業をするために、確認は最重要になります。事務作業でもオーダーの入力や伝票のチェックなどがあり、誤出荷を防止するために何度も確認をしました。
二つ目は、実際に現場に行くことで、説明だけではわからなかった日陸の業務の理解を深めることができたことです。

 

③ 日陸でどのように活躍していきたいか
私は物流センターで働きたいと思い入社しましたが、研修を通して日陸の様々な業務に関心を持つようになり、幅広く学びたいと思うようになりました。私はこれから物流センターに配属されるので、まずは物流センターのことを勉強していき、ゆくゆくは日陸の多岐にわたる業務を知って、どこの部署でも活躍できるようになりたいです。

配属前最後に私が研修でお世話になっている川崎事業所の紹介を少ししたいと思います。

f:id:nichiriku:20191029103525j:plain

川崎事業所のトレーラー


これは川崎事業所の車庫の写真です。これ以外にも多くのトレーラが停車しています。
トレーラは座席が高くなっているので、乗り降りが大変です。また、液体を運んでいるため、乗用車に比べて揺れが大きいです。
実際に乗ってみないとわからないことだったので、体験できて良かったです。