株式会社日陸 採用担当者ブログ

見たい、聞きたい、知りたい情報を毎週発信中!

私の就職活動体験記 Vol.3

こんにちは、採用担当のAkkyです。

 

【氏名】H.K

f:id:nichiriku:20190204163141j:plain

【自己紹介】

 大学では国際物流ゼミに所属し、Wang Mariner教授の元で主に航空貨物輸送について勉強していました。趣味はバイクに乗ったり、船に乗ったり、乗り物を動かす事や身体を動かすことが好きです。

 

【就職活動を振り返って感じたこと】

 大学が九州にあったので、東京や大阪の企業へ就職活動をするとなると移動費がとても掛かり、大変困っていました。その為、日陸が私の所属しているゼミにて説明会をわざわざ開催してくれたのはとても有り難かったです。他社の中にもSkypeを通して選考を行っているところもあり、地方の学生にも配慮された様々な取り組みが見られました。
 2019年度は売り手市場ということもあり、就活生としてはとても恵まれた環境の中で就職活動が出来たのかなと思います。

 

【他社の業務内容や制度でいいなと思ったこと】

 日本でも屈指の高収益を誇る大手のセンサ、測定機器を取り扱う企業の選考を通じて、この会社がいかにして成長し続けているのかという理由の一端が垣間見えた気がしました。何よりも「公私の区別をはっきりつけること」に重きを置いているなという印象を強く受け、「いいな」というよりも、どちらかというと「なるほどな」といった具合にとても勉強になったことが印象に残っています。他社では見られなかった合理主義的経営の最たる例を身近で確認することにより、これもまた一つの会社の完成形といった姿を見せられているように感じました。

 

【最終的に日陸の内定を受けた理由】

 最終的に日陸ともう一社で迷いました。その会社は新入社員が100人、子会社を合わせると同期が500人にも及ぶ大企業だったので、規模の大きさに惹かれていた面もあり、ギリギリまで悩みました。

 日陸に決める際の最後の後押しとなったのは能登社長の「日陸という会社を誇りに思っている!」という強い言葉と総務人事部の方々の他社には無い優しさと親切な対応だったと思います。自分には日陸の方が合っているなと自信をもって決断することが出来ました。

 

【これからの抱負】

 これからの抱負 これから日陸の一社員としての生活がスタートする訳ですが、一日でも早く会社の業務に慣れ、会社の戦力となれるよう一日一日を有意義なものにしていきたいと思います。

よろしくお願いします。